検索
  • 榎本 雄太

当院での輸血治療と献血ドナー登録のお願い💉


動物医療においても、以下に挙げた病気の治療の際に、輸血が必要になることがあります。


・大量の出血が見込まれる手術 ・免疫介在性血液疾患 ・血液凝固異常

・外傷            ・骨髄疾患      ・腎臓病

・腹腔内出血 など


日本では、広域で利用可能な献血システム(血液バンク)は確立されておらず、血液を安定確保することが困難になっています。



その為、多くの動物病院では病院スタッフの飼育動物や、飼い主様の同居動物・お知り合いなどからの献血をお願いしております。


当院でも輸血を必要とする病気の治療機会が増えており、血液の確保が難しい状況になっております。


そこで当院では1頭でも多くの命を救う治療体制を整える為に、供血犬・供血猫の募集を開始することに致しました。


当院では、以下の条件や方法に従って輸血治療を実施しております💡



(1)献血していただく動物(ドナー)の条件


・犬


 年齢:1歳以上8歳未満  体重:10kg以上

 ・狂犬病予防接種、混合ワクチン接種およびフィラリア予防が毎年されている健康な犬  ・麻酔をかけずに採血が可能な温厚な性格


※以下の項目に該当する動物は献血にご協力いただけません。

 ・過去に「輸血を受けた」ことがある  ・妊娠・出産したことがある  ・全身性の重度の感染性皮膚疾患がある  ・過去に血液媒介性の感染症に罹患した疑いがある。(バベシア症、犬ブルセラ症など)  ・秋田犬およびその交雑種 


・猫


 年齢:1歳以上8歳未満  体重:4kg以上

 ・混合ワクチン接種が毎年されている健康な猫

 ・安全に採血を行う為に、鎮静をかけることがあります


※以下の項目に該当する動物は献血にご協力いただけません。

・過去に「輸血を受けた」ことがある ・妊娠・出産したことがある ・全身性の重度の感染性皮膚疾患がある ・過去に血液媒介性の感染症に罹患した(猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫白血病ウイルス(FeLV)、ヘモプラズマ(ヘモバルトネラ)など)



(2)献血の流れ


輸血が必要になった際に、ご連絡をさせていただきます。


来院後、身体検査上問題がなければ、血液検査(供血が可能な健康状態か確認)のための採血を行います(3〜4ml)

※採血後は血液検査の結果がでるまで30分程度お待ちいただきます。

血液検査で問題がなければ、献血のための採血を行います。

採血は首の太い血管から行います。


※猫の場合は、安全に採血を行う為に、鎮静をかけることがあります。


採血量は体重によって決定します。

(ネコ;40-50ml、イヌ;体重1kgあたり10-12ml)採血時間は15-30分程度です。

※採血場所の毛刈りをお願いさせていただく場合があります。

動物の健康状態や採血部位に問題がないことを確認してからお帰りいただきます。

鎮静をかけた場合は、半日ほどお預かりさせていただきます。


これらの処置にかかる費用は一切頂きません。


また、輸血に必要な検査項目以外に健康チェックのための血液検査を無料でさせていただきます。


(3)献血ドナー登録の流れ


(1)の条件に該当し、(2)の献血の流れにご理解を頂けた場合、まずは当院へご連絡ください。


ご来院後、身体検査と血液検査(血液型の判定など)を行い、ドナー登録となります。

この時にかかる費用は一切頂きません。



家族の大切な一員であるわんちゃん、猫ちゃんを供血に協力させることは不安もたくさんあると思います💦

ご不明な点がございましたら、当院スタッフへお声がけください。


当院の献血ドナー登録の趣旨をご理解のうえ、ご協力いただきますようお願い申し上げます。




159回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示