検索
  • 榎本 雄太

第10回「インターペット〜人とペットの豊かな暮らしフェア」

更新日:1月27日



2021年4月1日に、東京ビッグサイトで開催されたインターペット東京2021に参加してきました。

インターペットとは「人とペットのより良いライフスタイルを提案する」というコンセプトのもと、それを実現するための製品、情報、サービスが集結する日本最大のペット産業見本市をして2011年より開催されているイベントです😄



私が参加した4月1日は「ビジネスデー」で商談専用の日程であるため一般の飼い主様のはおらず、新型感染症の影響か、ご来場される方も少ない印象でした💦

出展される企業様も例年に比較すると少ないとのことでしたが、気になる商品やサービスを見つけたのでご紹介したいと思います💡


①涙やけの改善が期待できるフード🍚


いくつかの出展ブースを見た中で、一番印象が良かったのがこちら💡

「オーブンベイクドトラディションのシリーズ」


 https://www.fanta.co.jp

↑「ファンタジーワールド」様のページから購入できるフードになります。

特徴としては、、、

・アレルギーの原因となりやすい原料と合成添加物は一切不使用

・嗜好性が良い

・こちらに変えてから涙やけが改善したとの声が多い

・お値段が少し高い


涙やけの原因には、鼻涙管の閉塞やまぶたの内反、まつ毛の異常な生え方などの他に、フードに対するアレルギーがあります。

猫ちゃん用のフードも取り揃えてありました😄

フードを変えることで改善が見込めることもありますので、ぜひお試し下さい💡


②ワンちゃん用オールシーズンブーツ


 「パウテクト」

https://petsadvance.jp/contents/243 

ワンちゃんの肉球を保護するブーツです。

 これからの季節、アスファルトが熱くなりお散歩では肉球を火傷してしまうことがあります。瓦礫やガラスの破片などからも肉球を守ることの出来る設計でオススメです😄


③ペット同伴可能な宿泊施設のガイドブック


関東エリアを中心にワンちゃん同伴可能な宿泊施設のご案内がされています。

今は新型感染症の影響で外出・遠出が難しい時期ではありますが、落ち着いたら行ってみたいですね🚙

当院の待合室に置いてありますので、ぜひご覧ください😄

閲覧数:181回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人医療では、皮膚科・整形外科・脳神経外科など細かな診療科が分けられており、各科のスペシャリスト(専門医)による治療が行われています。 動物病院の多くでは、全ての診療科が診察対象であり、獣医師に求められる知識はとても広範囲に及びます。 全ての診療科を完全に網羅し、パーフェクトな治療をすることはとても難しいのです💦 しかし近年は、獣医療でも各診療科を極めた先生による専門病院が増えてきたのです💡 私

4月からフィラリア・ノミダニの予防が始まります。 今回は予防薬を投与する際の注意点などについて、当院で最も処方することの多いオールインワンタイプのお薬「ネクスガードスペクトラ」を中心にお話しします。 ネクスガードスペクトラは、当院のキャンペーン対象になっているお薬で、フィラリア・ノミマダニ・お腹の寄生虫を一度に駆除できます。 先日、「ネクスガードスペクトラ」の製造をされているベーリンガーインゲルハ